しば漬け・京のお漬けもの処 〒601-1241 京都市左京区大原三千院道 TEL:075-744-4893 FAX:075-744-3022

トップページイメージ

・お待たせいたしました!2019赤紫蘇発送スケジュールのお知らせです

2019 年 6 月 8 日

 

平素は当店をご利用いただき、まことにありがとうございます。

お待たせいたしました!

当店自社農場の京都大原産赤紫蘇(枝付き)の販売スケジュールについて、
下記のとおりご連絡させていただきます。

〈2019 赤紫蘇発送スケジュール〉

①WEB注文受付(事前予約):6月15日(土)朝10:00より

②発送開始日時:6月27日(土)発送より
※大阪府・兵庫県一部地域はG20サミット開催で6/26~7/2まで配送に制限がございます。
※→詳しくはこちらをご覧ください(G20サミット配送規制)

③販売期間:2018年6月27日(木)~7月30日予定
※毎週水曜日は赤紫蘇発送定休日

→赤紫蘇の商品ページはこちら

 

~志ば久の京都大原産赤紫蘇(枝付き)につきまして~

①志ば久の赤紫蘇について
・伝統のしば漬け作りに欠かせない自家栽培の赤紫蘇、古くからのノウハウを生かした良質の赤紫蘇をお届けいたします。

・赤紫蘇はすべて京都大原産、すべて自社農場からの出荷です。

・自家採種し年々受け継いでいる赤紫蘇は市販の赤紫蘇に比べ、赤紫蘇本来の原種に近く色の出具合、香りの良さに定評があります。

・すべて当店にて1本ずつ手植えし栽培した赤紫蘇を発送いたします、除草剤は使用せず、手間がかかりますが小さな管理機械と鍬で雑草の手入れを行っています。
防虫剤に関しましても基本的には不使用、無農薬栽培をこころがけています。ごく稀にアブラムシが大量発生した場合のみ、基準値以内での散布をいたします。
※散布を行った場合は事前にお知らせいたします。

・朝採りした赤紫蘇を選別・洗浄後、冷蔵庫にて徹底した温度管理をおこないクール便にて、活き活きとした状態でお届けいたします。
枝付きの大きな荷物となりますので、到着後はお早めに葉を取り冷蔵庫にいれていただく事をおすすめいたします。

②ご利用方法について
・赤紫蘇ジュース(発送時にレシピをお付けいたします)
・自家製梅干し用のもみ紫蘇
・そのた

③発送までの流れ
→収穫から出荷の様子はこちら御参照ください(過去の志ば久ブログ)

④価格・送料
・価格について
1kgあたり1,100円(税別)
販売単位:1㎏、1.5㎏、2㎏、3㎏、4kg また5kg以上のご注文も可能です。
※写真のボリュームで1.5㎏となります。

・送料(赤紫蘇サイズ)
★1kg~2kgまで(税込、クール代込み)
北海道沖縄を除く全国一律:1,134円
北海道地区:1,566円
沖縄地区:2,754円

★2.5kg~4kgまで(税込、クール代込み)
北海道沖縄を除く全国一律:1,674円
北海道地区:2,052円
沖縄地区:3,672円

※ヤマトクール便の受付の大きさの限りがございますので、~4kgごとに送料が必要となります。
※1~4kgまで送料×1、5~8kgまで送料×2(2個に分けて発送)、9~12kgまで送料×3(3個に分けて発送)

★ご注文の目安
・枝付き赤紫蘇:1㎏
・採れる葉の量:およそ500g
・紫蘇梅干し(揉み紫蘇):梅2~5㎏ ※色・風味の好みによります。梅の重さの1割~2割が目安。
・紫蘇ジュース(当店レシピ):濃縮5リッター分
→志ば久、紫蘇ジュースレシピ

⑤今年の栽培状況について(2019年6月7日)
5月初旬より雨が少なく植え付けから初期の生育にかけては遅れていましたが、
ようやくまとまった雨が降り今後梅雨入りが予想され一気に大きく成長する事と予想されます。
本年度も京都大原産の香り良い赤紫蘇、ご期待ください!

⑥出荷に伴う注意点について
毎週水曜日は出荷が休みとなりますので指定日がある方はご注文の際ご注意ください。
毎日の出荷数量に限りがございますので、ご希望の日付の受付が出来ない場合がございます。7
また、種蒔きから収穫まですべて丹精込めて作った自社農場の赤紫蘇のみを発送しておりますので、どうしても数に限りがございます。
7月末頃までの出荷を予定しておりますが、多くご注文をいただいた場合には早めに完売する場合もございます。
また昨年は7月末まで出荷をさせていただきましたが予約が7月中旬にて満了となりました。

以上の点につきまして、何卒ご了承ご理解いただきますようよろしくお願いいたします。

~伝統のしば漬け、手作りの京漬物 志ば久~ 久保 統

この投稿は 2019 年 6 月 8 日 土曜日 12:58 PM に ・赤紫蘇作りの事, 季節のお便り, 店舗からの御連絡 カテゴリーに公開されました。 この投稿へのコメントは RSS 2.0 フィードで購読することができます。 コメントを残すか、ご自分のサイトからトラックバックすることができます。

Trackback URL

コメントをどうぞ


▲ ページのトップへ