しば漬け・京のお漬けもの処 〒601-1241 京都市左京区大原三千院道 TEL:075-744-4893 FAX:075-744-3022

トップページイメージ

‘季節のお便り’ カテゴリーのアーカイブ

2018 年 11 月 7 日

・2018年 11月7日

三千院門跡近くの律川沿いの紅葉です。

秋の紅葉シーズンを迎え、ここ京都大原の里もずいぶんと観光の方が多くなってまいりました。

本年度は、例年に比べると少し紅葉が早いように感じます。

モミジの樹にも個体差があり、早いものはもう赤く色づき、ゆっくりのものはオレンジ・緑と色づく途中。

現在、色彩のコントラストをお楽しみいただけます。

大原の里は、京都市内に比べて少し気温が低く、この時期夕方の日暮れが早いです。

午後より散策に来られるご予定の方は、すこしお気を付けくださいませ。

肌寒くなり、聖護院かぶらや大根も甘みをまして、よい原料が出てくる季節となりました。

~伝統のしば漬け、手作りの京漬物 志ば久~ 久保 統

2018 年 7 月 15 日

 

皆さま、お待たせいたしました!
今年最初の「新漬け」の赤志ば、樽出しが始まりました。

志ば漬の漬け込みは来週から8月上旬まで最盛期を迎えますが、
6月下旬から少量ずつ漬け込んでいた今年の初物の志ば漬がようやくお目見えです。

普段の志ば漬が樽のなかで2ヶ月以上熟成発酵するのに対し、新漬けは2週間~1ヶ月程度。
この限定の若々しい酸味と食感、鮮やかな色目をぜひお楽しみください!

・2018 新漬け 赤志ば 商品ページはこちらからどうぞ

この投稿の続きを読む »

2018 年 2 月 4 日

 

 

例年に比べ、今年は特に寒いように感じる大原の里ですが、確実にすこしずつ春の息吹は芽生え始めていますね!


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

蕗のとうのほろ苦さと、砂糖・みりんで甘めに練り上げたこうじ味噌との相性が良い一品。
本年度もふきのとう味噌、炊き始めました。

少量ずつの炊き始めとなりますので欠品する事も有るかと思いますが、早春の風味ぜひお召し上がりください^^

・ふきのとう味噌の商品ページはこちら

~伝統のしば漬け、手作りの京漬物 志ば久~ 久保 統

2017 年 11 月 19 日

肌寒い日が続いていますが、その分モミジの色づきも鮮やかに染まってまいりました!!

来週あたりが一番の見頃となりそうな、京都大原の里。

見頃に伴い、混雑が予想されますのでお越しの際にはご注意くださいませ!

また、日中でも肌寒い日も多くなって参りました。
京都市内観光より少し厚めの服装、また夕方頃まで散策される方は日の暮れが早くなっていますので、ひとつライトが有れば便利かと思います。

お時間ございましたら、ぜひ紅葉の大原へ。
皆さま、お越しくださいませ!

2017 年 11 月 18 日

京都の三大漬物のひとつ、すぐき漬けの漬け込が始まりました。
すぐき漬け発祥の地、上賀茂地区や大原地区では現在原料となる「すぐき菜」の収穫が始まっています。

本日早朝、仕入れ先であるすぐき農家さんへ伺ってきましたが本年度は10月の台風の影響もあり少し遅れているとの事でした。
(写真は今朝の「荒漬」の様子)

当店では昨年仕込みのものは先日完売いたしました。
新物については、例年ですと12月上旬より販売をいたしますが、本年度は中旬~下旬に少し遅れるように感じています。

新物の登場まで少しお時間をいただきますが、何卒宜しくお願いいたします。

2017 年 11 月 7 日

11月上旬、店舗周りを散策して紅葉の様子を撮ってきました。

体感的に本年度は例年に比べ紅葉が早いように感じます。

写真は志ば久本店より徒歩5分。

律川沿いの実光院さん周辺の様子です(三千院門跡さんすぐ近く)。




白壁を越えて張り出しているモミジが鮮やかに色づいていました、
きっとお庭から見るともっと綺麗なんだろうなぁと思います!

大原の里にお越しの際には立ち寄ってみて下さい^^

今年は例年にも増して長い期間、綺麗な紅葉が楽しめそうな気がします。

秋・紅葉の大原の里。

ぜひお越しくださいませ!!

~伝統のしば漬け、手作りの京漬物 志ば久~ 久保 統

2017 年 10 月 18 日


もしかすると当店で一番大切な作業と言っても言い過ぎでは無い「赤紫蘇の種の収穫」。

夏に一気に赤紫蘇を収穫し漬け込んで発酵熟成させる志ば漬。
漬け込みが終わるとまずは一段落なのですが、年内の最期の大仕事が「赤紫蘇の種の収穫」です。

刈り取る手間だけならば大して時間も懸らないですし1日で充分終わる作業なのですが、そのタイミングというのが毎年違うため、何年やってもなかなか緊張します。

当店の志ば漬はすべて自家採種の京都大原産赤紫蘇を使用していますので、代替えが効かずこの種取りに失敗すると来年の紫蘇作りが出来なくなります。

先日より天候が悪く、まるで梅雨のような最近の天候。
また週末には台風が接近しているという情報。

天気さえ良ければあと1週間ほど置いてから収穫したいところですが、台風の影響で枝が大きく振られて種が落ちれば収穫が出来なくなりますので、本日収穫を行いました。

幸い、収穫した房からはパラパラと種が弾ける音がして、例年に比べ少し早めの収穫ですが今年も良い赤紫蘇の種が採種出来ました。
ようやく大きな肩の荷がおりました^^

2017 年 7 月 12 日

 

来週より本格的に始まる本年度のしば漬けの漬け込みに先んじて、7/15より今年の初物、しば漬けの「新漬け」の樽出しが始まります!

6月下旬より少量ですが仕込みをおこなっておいた本年度最初のしば漬け(赤志ば)をまもなく樽出しいたします。


例年、祇園祭のころに初樽出しをおこなっておりますが、本年度も色良く漬け上がってくれました。

発酵熟成が浅めな、今の時期だけの「新漬け」の風味。
ぜひ初夏の京都・大原の味をご家庭でお楽しみください^^

〈本日より予約受付開始〉
発送につきましては、7/15よりご注文をいただいた順に順次お送りさせていただきます。ご注文が多い場合はご連絡・発送までにすこしお時間をいただく場合がございます事、どうかご了承くださいませ!

・赤志ば(新漬け)の商品ページはこちらより
https://www.shibakyu.jp/shopping/products/detail.php…

・新漬けとは?
※以前記載した当店ブログをご参考ください
(過去志ば久ブログ)
https://www.shibakyu.jp/blog/2013/08/13/1939.html#more-1939

 

~伝統のしば漬け、手作りの京漬物 志ば久~ 久保 統

▲ ページのトップへ